Home

インタラクティブエージェンシーで働いていたWebプロデューサー blog

外からみたインタラクティブエージェンシーの仕事

  • Posted by: Web Producer
  • 2010年3月28日 17:18
  • Day Comment

異業種転職をしてから、前職の仲間と会う時の会話が変わった。

きっと立場の変化と、自分が申し訳ないくらい外から目線になっているというのが、一番大きい変化なんだと思う。

・サラリーマン
・プロデューサー
・マネージャー(中間管理職)

・経営層(まだ名前だけ)
・営業
・マネージメント対象がいない=ピンでも動けていないと思う

サラリーマンとはいえ、ネット業界の営業なり、マネージメント系の人間は、経営者視点が求められていた。というのも、ネットに関する戦略は現場目線だけで提案をしても、響かないし、実現出来ない事が多い。

ネット戦略が経営戦略上どういうポジション、方向性で組み立てられているかが、担当者レベルまで明確に落とし込まれているかどうかは、受注する際にはとても重要なポイントになるから。

逆に言えば、お客様とはいえ、担当者レベルでざっくり考えている事を、実際に受注して落としこんでサイトを作り上げるのは、厳しく、至難の技だと思う。

特にこの5年くらいは、ネット戦略には経営に近い部長さんクラスの目線なり、役員レベルがプロジェクトに参加しているケースが多くなってきたので、意外と当たり前に捉えられる事が多いかも。

その一方で、プロモーション系の案件では、プロモーションというゴールが明確にある為、担当者レベルでのディシジョンメーカーの存在が不可欠だったりもする。

たまたま、プロモーションの目的・ゴール・目標が大きい案件に携われていたので、比較的そういったご担当に恵まれたのもあるかも。

そして、制作を受ける側も、同じような視線をきちんと持っていなかったら、こうにもならなかったのかも。

 

当たり前のような、自分の環境がよくよく考えると有り難いものだったのだとひしひし思う。

でも、全ての会社がそうか、自分の会社の中も全てがそうかというと、そういう事ではないんだろうな。

インタラクティブエージェンシーってなんだろう?

  • Posted by: Web Producer
  • 2010年2月14日 22:08
  • Day Comment
実は、、業界内では「インタラクティブエージェンシー」という言葉はとても身近ですが、一般的には全く知られていない言葉です。

きっと、多くの社員も、「インタラクティブエージェンシーというのはなんでしょうか?」という問いに、コレという答えをきちんと持っていないだろうな。

というのも「前どんな仕事をしていたんですか?」といって、説明できるほど意味を含み、伝わる言葉ではなかったという事。


今日、今の会社に新卒で入った男の子の彼女と会ったのですが、その時の紹介方法はコレ。

「バリバリのキャリアウーマンなんだよ!」

あ。ありがとうございます。(汗)
でも。
んじゃ仕事の内容は?っていうと、すっごい説明が難しい。

コーポレートサイト制作?
キャンペーンサイト制作?
サービスサイト制作?

メインは制作ばっかじゃん。

ただ、それだけじゃあ面白くないという事で、「制作だけ」を除いて、今までやった仕事ってなんだっただろう。

・某エンタメサイト初期サービス設計からシステム含めてサービスインまでの総合プロデュース
・某日本最大級通販サイトの運用体制構築
・同サイトのカテゴリトップ設計リニューアル(運用含めて整備)
・ウェディングコンテンツ企画~制作
・某大手化粧品会社の通販専門の新会社設立に伴う、
 新製品のPR・製品写真撮影・ネットオープニングキャンペーン取り仕切り
・某大手旅行会社の新サービスのサービス設計、フロント開発
・某大手不動産販売会社のネット広告戦略
・某大手旅行会社の新会社サービス初期サービス設計、フロント開発、解析ツール導入
・某大手飲料メーカーのウェブキャンペーンのサイト構築総合プロデュース(?)

などなど。

専門性を活かしつつ、かゆいところに手が届くようなサービスをしていたところ、色々やらせてもらえた、のかと。

何事も責任を持たないと行けなかったのと、エージェンシーとしてたつのであれば、お金の流れはどうであれ、自分ごととして動かなくてはいけません。

それには、自分の力を信じ続ける事と、近くのスタッフ(内外問わず)との信頼関係無しには成し遂げられないもの。
特に、スタッフ達は、色々な特性・特質を持っていて、とんでもなく強い、パワフルな味方。
奴ら無しには何も出来なかった。

プロデューサーって、プロデュースする事以外、できないし。やっちゃいけないんです。

そうして組織、チームで信頼を得る事で、色々な力を顧客と共に出しあって、目標似向かって走る!

きっと、自分の中で目指したかったインタラクティブエージェンシーっていうのは、そんな存在。

うん。そうだ。きっと。


いえいえ。
でも一般的にいわれているインタラクティブエージェンシーというのは、ウェブマーケティング・ネット広告・モバイル広告・SEO・リスティング・CGMマーケティングなど、前衛的な戦略を中心に、取りまとめていく広告人だと思われているに違いない。

しかし。

実際はもっと先を見て、上記の前置きを踏んだ上で、顧客を誘導し、その上で取り込み、飽きさせない。そのままずっといて頂くようなスパイラルを描く必要がある。
インタラクティブで重要なのは、その受け皿となるサイト。
サイトには、戦略にそったクリエイティブとテクノロジーが必要。

広告主体で考えられているエージェンシーの時代は終わった。

インタラクティブなエージェンシーは、広告人であり、クリエイティブであり、テクノロジーであり、顧客が接するものがテレビからネットに変わってきた部分を、きちっとカバー出来る知識を持つ人々の集合体であるべきだと。

あと10年で、電通・博報堂の人々がインタラクティブにもかなり精通してくるはず。

「インタラクティブ・エージェンシー」という言葉だけで踊らされずに、業界を着実に引っ張るよう歩んで欲しい。

退職しました。そして、異業種へ。

  • Posted by: Web Producer
  • 2010年2月 8日 20:45
  • Day Comment

さて。10年いたネット業界から足を洗い(笑)、異業種へ転職いたしました。


99年の夏にひょんなことで入ったこの業界でしたが、まさか10年も経過していたとは。
そして、その10年の節目で転職することになるとは、思いませんでした。

業務に入っている時は、Blogを作ったものの、なかなか書くことが出来なかった事がたくさん。
とくに業界知識などは下手に書いても変だったし、自分の事を書くと、色々問題ありそうだったし、ノウハウ流れだと言われるのも困るな~と思い。。。

世の中のBlogブームとは離れたBlogとなっていました。

退職してからそろそろ半年が経過するので、10年やってきた仕事を振り返って書いていければよいな、と思いました。
そして、忘れられない場面を。

振り返ってみると、ネット云々以上の一人の人として、色々学ばせてもらった10年でしたので、じっくりじっくり書けたらなー。

それではよろしく。

プロデューサーの仕事

最近、プロデューサーの仕事の話をよくするんですが、色々聞きます。


プロデューサーって、どんな仕事なんだろう。
何を期待されているのだろう。

プロデューサーは、名前のままでいえば「Produceする人」

Produce:産する; 産む; もたらす; (声・音を)出す; 創作する, 作る, 製造[生産]する; 供給する
Producer:生産者; 〔英〕 (劇の)演出家; 【映】プロデューサー

これだけ読むと、自身が作るような偉そうなものにも、読むことができます。

最近思うのは、これを勘違いするプロデューサーが多いようです。
というのも、よく話を聞くのがこのネタ。

この世のインタラクティブな世界にいるプロデューサーは、本当に理解してほしい。
わかってほしい。

プロデューサーは、創作する・生産することをつかさどる象徴的な位置づけかもしれないけれど、それには「創作者」「生産者」が必ず存在するということ。

プロデューサーは、その仕事を向上させるとか、ゴールまで引っ張っていくことも大切な仕事。

よく、スタートラインに立って「よーい。どん!」というのがプロデューサーだと思っている人がどうも多いようです。

それは違う違う。

よーいどん!を一緒に走り、ペースを維持し、ゴールに導くこと。

それが本当のプロデュース。

「仕事の幅がひろくない?」って突っ込み歓迎。
だって、タスクを究極に積み上げていくと、雑用係ですもん。

さて。がんばろう。

コロ・チャー 日清カップヌードル(日清食品)

「こ~ろちゃ~、こ~ろちゃ~、ごろぉちゃ~ん」

SMAP木村拓哉が歌う忘れられない旋律。

ぐぐってみて面白かったので、メモします。

コロ・チャー 日清カップヌードル(日清食品)
20090503.jpg
 

これは、「ころちゃー」なのか、「コロチャー」なのか???

まずは「ころちゃー」

次は「コロチャー」

そこで発見したのが、Googleの検索結果数。

・ころちゃー:503,000件
・コロチャー:4750件

え?みんなひらがななの???

そして、日清のサイトにもある正式名称「コロ・チャー」で検索すると、、、

・コロ・チャー:51,100件

皆さん。

きっと驚くは、キムタクがWebで見れることじゃあありません。
最新トレンドは間違いなく「SEOはひらがなで」です。

※思いついたのが、KIRIN潤る茶(うるるちゃ)。これもいきなり感じで入れる事は、、ちょっと難しいですよね、思わず「うるるちゃ」とひらがなで入れちゃいますよね。

サイト戦略立案時の目次案

大抵は切り出すものでしょうが、なんかまとまっていたのでメモ。

 

■サイト戦略の立案 

1-1.サイト目的設定 
・サイト上位の企業戦略、事業計画から導出 
・多媒体との役割分担を明確化 

1-2.KPIの設定 
・サイト目的からKPIを設定 
・測定・比較可能な指標を選択 

2.ターゲットユーザの定義 
・既存データを参照してターゲットユーザを設定 

3.ユーザのニーズ・心理を想定 
・ユーザのニーズを検討 
・ユーザのインセンティブを検討 
・ユーザの心理状態を検討 

4.ユーザ環境の定義 
・認知・流入経路、状況の洗い出し 
・接続環境の定義 
・競合、代替、仲間を調査 

5.ユーザ行動シナリオの策定 

■サイト戦略の検証 

1.社内ヒアリングの実施 
・ヒアリングすべき情報のリストアップ 
・ヒアリング対象者の選定 
・ヒアリング結果の分析と修正 

■サイトの効果検証方針策定 

1.効果検証目的の明確化 

2.検証項目の定義 
・サイト目的からの検証項目導出 

3.検証手法の選択 
・最低限必要な検証手法 
・検証頻度 
・改善プロセスへの引き継ぎ 

4.アクセスログ解析 
・ページビュー、アクセス数を定期的に確認してトレンドを把握 
・実際のサイトと照らし合わせて分析 
・数値を過去データや他のページと比較 
・検証と改善の反復 

■要件定義(以下、制作フェーズ) 

■運用マネジメント 

1.情報の追加・更新 
・新サービス・コンテンツの追加 
・ニュース 
・IR関連情報 
・採用情報 
・その他情報更新 

2.カスタマーサポート・運営 
・体制・(承認)フローの整備 
・営業引き合いへの対応 
・企業情報問い合わせなどへの対応 
・コンプライアンス・BCM 

3-1.内部コスト(リニューアル時/通常運営時) 
・ウェブ担当者 
 *プロジェクトマネジメント 
 *新規コンテンツの作成 
 *情報の追加・更新 
 *集客/囲い込み(メールマガジンの作成/配信など) 
 *効果検証/費用対効果の見極め 
・関係者 
 *コンテンツの作成 

3-2.外部コスト(リニューアル時/通常運営時) 
・サーバ/システム 
・集客(SEMなどの広告) 
・囲い込み(メールマガジン配信エンジン) 
(・情報の追加・更新)※内部で実現できない場合 

LOVE DISTANCE

LOVE DISTANCE -僕らは、10億ミリ離れていた。
http://www.lovedistance.jp/

20090305.jpgサガミオリジナルのCGMコンテンツ。
バズの拡がり具合は少しマニアックだったように思いましたが、0.02mmの薄さを、逆に距離というコンセプトにしたドキュメント型のコンテンツ。

1か月の追っかドキュメントののち、サガミオリジナルの0.02mmコンドームのサイトだとわかるのは、本当の最後でした。

それまでは男女の恋愛の傍観者として、画面を通してじっくりと距離を感じるわけです。
感じた距離が最後は0.02㎜になる。。。

終わってからサイトを見たので、実感はありませんでしたが、GPSで位置がわかるリアルさ。
サイト上から送ったメッセージが、撮影映像に掲載されたりというインタラクティブ性。

インタラクティブならではのコンテンツ群
・コンセプト映像
・エンディング映像(スタッフクレジット)
・ある男、女プロフィール(まるで結婚式のプロフィール)
・ビデオチャット(二人のテレビ電話模様が、23時から10分間のみライブで閲覧できる)
・ダイアログ(二人のメールのやりとり)


・男性、女性専用のアンケート。回答者だけが結果をみれる。(これを元に2人は会話する)
・ある男、女の書くBlog

・移動を示す地図
・ある男、女にあててメッセージを。メッセージはライブ中継されたりと、活用

・完成したCF

じんわりきますねえ。

関連URL
http://www.lovedistance.jp/
http://www.aru-otoko.jp/
http://www.aru-onna.jp/

http://www.youtube.com/user/LoveDistanceTeam

制作クレジット
http://www.gtinc.jp/
http://non-grid.jp/
http://www.pickles.tv/works/works2.html

 

JT Roots "歌え!ルーツ飲んでゴー!"

JT Roots "歌え!ルーツ飲んでゴー!"

テキストを打ち込むと、音声を合成するコンテンツ。

2007年にはスタートして、東京インタラクティブアドアワーズ等の賞を。
カンヌ国際広告祭2008でサイバーライオンのShortlist入りした作品。

http://tokyo.interactive.ad.awards.jp/Results08/info/54.html
http://www.tyo-id.co.jp/2007/10/sing-it-drink-roots-to-go.php

※これ使ってるみたいですね。
 http://www.ntt-at.co.jp/product/wonderhorn/

何に興味を持つべきか?

  • Posted by: Web Producer
  • 2009年1月21日 18:58
  • Business

プロデューサーは、「夢」と「そろばん」をもて。

経営者と同じですね。

最近いろいろなところに仕事が飛んでいることもあり、自分がやりたいこととの狭間をうろうろしています。ただ、興味とゴールとハート、情熱。併せ持って動かないと、おもしろくなかったり、モチベーションが落ちてしまったりします。

淡々としてしまう・・・。

ここらで見直したいと思います。

「動画を活用した企業サイトを成功させる三つのポイント」日経ビジネスオンライン

「動画を活用した企業サイトを成功させる三つのポイント」日経ビジネスオンライン
http://business.nikkeibp.co.jp/article/nmg/20081121/178007/

ブライトコーブ(http://www.brightcove.co.jp/)のインタビュー記事。
提供機能と共にYouTubeとの比較も。

メモとしてポイント3つ。
※あ、あくまでも自分視点。

・BtoCの製品・サービスのWebサイトのユーザーは、つまみ食い的に次々と動画を見る傾向がある
・来訪者の滞在時間を伸ばす工夫が必要(関連動画を掲載し、誘導し続ける)
・CGM対策(簡単操作でBlogやSNSに転載することが促進させる)

その中で、Tower Records新宿店10周年記念サイト(http://sale.towerrecords.jp/shinjuku10th/)の紹介が入っていました。

20081128.jpg

マウスの動きに合わせて、カレンダーが動くインターフェイスだが、そのカレンダーの中、ひとつひとつに動画のIndexが入っているというもの。
こういったカスタマイズ=XML制御的なところが強みということでしょうね。

尻切れトンボメモ。

Index of all entries

Home

Search
Feeds
Tips
Ad


Return to page top